何度か訪れているイギリス。再訪の思い出を振り返ります

イギリスにはご縁を感じていて、この2~3年の間でロンドン・グラストンベリーともに、数回訪れています。

何度行っても「いい場所だな」と感じます。

2018年10月にも再び訪問してきましたが、今回のブログではそのときの様子や感じたこと改めてご紹介します!

滞在スタイルは、ホームステイでした。イギリスの普通のお家で過ごさせていただきました。

今回、印象に残った出来事のひとつは、ロンドンのリッチモンドにあるお気に入りの園芸店「ピーターシャム・ナーサリーズ」に、支店ができていたことです!

偶然コベントガーデンを通りかかった際、「ピーターシャム・ナーサリーズ」の2店舗目がすでにオープンしていて、感激しました。

また、以前このブログでも紹介した土地、コッツウォルズにも再訪してきました。

こちらは、ハニー色のレンガの景観をはじめとして、イギリスで最も美しい土地のひとつです。コッツウォルズにある有機農法のお店、デイルズフォード・オーガニックも、何度訪れても素晴らしいお店です。

私にとってのイギリスの魅力は、豊かな自然と、自然のよさをきちんと理解して住んでいる人々です。自然と共に、自然を楽しみながら生活している人々の姿は、とても素敵で、何より元気そうです。

また、イギリスでは住宅に価値があります。どういうことかというと、イギリスの住宅は、建築してから徐々に消耗してく住宅ではなく、年月を経るごとに価値が増していく住宅だということです。そんな家に住んでいる人々は、私にとって大変魅力的です。

彼らの生活にふれるたび、住んでいる家同様、年月を経るごとに味わいを増す人生を歩んでいるように感じます。

イギリスに行くたびにこんな風に感じるので、年々この場所に惹かれていきます。

今回の訪問でも、自然と共存する生き方に、心地よい刺激を受けてくることができました!