Bless(ブレス)企画「出羽三山詣り・庄内巡礼」~7月編

庄内出羽ヨガクラブ・Bless(ブレス)の企画として、今年の夏は7月と8月の2回に分け、それぞれ2泊3日で「出羽三山詣り・庄内巡礼」企画をさせていただきました。

7月の回では、出羽三山(3つの霊山)全てを登拝することを大切にしました。

出羽三山は祈りのある場所です。その自然を感じていただくこと以上に、古くから信仰のある場所として先達からもご案内いただきながら、観光を超える目線でさまざまなことを感じていただきながら、貴重な時間を過ごしていただきました。

私にとっても、ほろ苦くて味わい深い(ちょっと大変で有意義な)3日間となりました。ご一緒してくださった参加者、先達、関係者の多くの皆様に感謝いたします。

7月の回の行程を、ここで写真とともに振り返ってみたいと思います。

7月20日(金)

15:00 斎館チェックイン

18:30 受付 
出羽三山神社参集殿集合

19:00 本殿にて鎮魂行とヨガ

21:30 斎館にて直会(夕食)
この日は斎館に泊まりました。

7月21日(土)

6:00 朝ヨガ

7:00 日供祭 
ご希望の方にはご祈祷もいたしました。

7:30 朝食

9:00 月山へ出発
黄金堂・荒沢寺を経て月山へ。8合目までは車で登りました。

8合目から月山山頂へ。2日目は月山9合目に泊まりました。

7月22日(日)

4:00 起床、朝食、下山 
月山8合目から湯殿山へは、車で移動しました。

8:30 湯殿山を御沢がけ

11:00 本宮を参拝

12:00 直会 (お昼ごはん)

14:00頃 解散

7月20日から22日の3日間は、このようなスケジュールで過ごしました。

皆さんが参加者の方々からはたくさんの嬉しいフィードバックをいただけましたので、ご紹介いたします!

Eさんからいただいた感想文

最初は今回の「出羽三山詣で」という認識が甘く、準備から気持ちの甘さ
その辺が自分の普段の行動に現れていたのだろうなということを感じました。
受け取るのは、その人の心がけと行い次第で変わること、得られるものはその本人次第であるということを痛感しました。

これは日常生活も同じで、
段取りや人との関わり方、歩み方、
言葉の使い方、考え方、行動
すべて直結しているのだと感じました。

修行だけが特別なのではなく、
日常の生活こそが修行であり、
その集大成が山での修行なのかなと感じました。

また、先達のお姿、姿勢には感動しました。命令するでもなく、細かく指示するでもなく、決めるのはあなたですよ、自分自身で人生を決めていくのですよ!というメッセージを頂きました。
あたたかく見守る仏様のような姿勢。
自分の子どもにも、先達のような姿勢で接することを大事にし、意識したいと思いました。

滝行はもちろん辛かったですが、
でも、本来の痛みや苦しみの部分から、逃げてしまったなという想いもあります。もっとできたのでは?という感覚です。
またの機会を設けて、複数回しての変化を感じたいと思います。

個人的には、於竹大日如来のお話が心に響きました。大日如来様には縁があるようなので、いつか仏様を自分の手で彫るという目標ができました。

素晴らしい機会を頂きまして
本当にありがとうございました!

本当にまだまだ修行です。
これからも素晴らしい機会を多くの方に与えてあげてください!
本当にありがとうございました!

Kさんからいただいた感想文

このたびは大変お世話になりました。

そちらに伺ってからもう一週間、毎日いろいろなことを思い出し、考え過ごしてまいりました。出羽三山を参拝させていただいたことは、私の人生においてとても意味のあることとなりました。

まだ夢を見ているような、そんな気もしますが、最後の直会で先達様からお受けした登拝認定証とお札を見ると、やはり現実だったのかなと思ったりしています。

このような機会を与えてくださったことに心より感謝申し上げます。そして導いてくださった先達のお力で貴重な経験をすることが出来ましたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


今回のブログでは、7月分のスケジュールとともに掲載可能な写真を数多く公開しました。ご覧いただいて、雰囲気をお伝えできたならば幸いです。

Ai PRANAとして感じたことや得たものもたくさんありましたので、後日、記事としてまとめてご報告できたらと思います^^。